会社概要/募集

STORY

子供の頃、誰もが大空を見上げて「自由に空を飛びたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。
鳥たちと一緒に海を渡りたい、翼を付けて大自然を駆け巡りたい・・、空はいつの時代も変わらず、人類の憧れの場所だと思います。

2011年、私たちは、皆さんと同じ憧れを原動力に、クアッド・コプターと呼ばれる無人航空機の研究開発を行うべく、
東京大学航空宇宙工学科という場所で同じ研究室のメンバーとPhenoxlabという研究チームを立ち上げました。
当時はドローンという名前もなく部品も乏しかったため、飛行専用のコンピュータからモータに至るまで、すべて手作りでした。

2014年春、1台のプロトタイプが誕生します。名前は「フェノックス」。
航空宇宙工学科という場所柄と、人工知能という計算科学の研究室という組み合わせから、「空を飛ぶ知能をつくろう」というコンセプトで、
現在も多くのドローンがそうであるようなラジコンではなく、カメラとセンサで周辺環境を認識し自分で飛行する「完全自立型」ドローンをつくりました。
わずか60gという重量で、「世界最小の自律飛行ロボット」と呼ばれるようになったのです。

2015年冬、Phenoxlabは法人化を経て、本郷飛行機株式会社となりました。
フェノックスは、Phenox2として製品化に向けたリニューアルを行い、屋内の探索・巡回業務などに向けた、実証試験を多く行っています。
また、フェノックスで培われた技術は屋外用大型機などで、物流・点検などへと応用されています。

intelligent x interactive x programmable

私たちが大事にしているのは、「人とロボットが共生する未来」です。
人工知能で人を支え、ふれあい、高い拡張性を持って、様々なミッションに挑戦したい。
ラジコンを改造した半自動ではなく、すべてを自分たちの手で開発する、世界でも数少ない企業だからこそ目指すことが許される、
安全性・運用性、そして技術の高みへ挑戦します。

 

RECRUIT

本郷飛行機は、無人航空機(ドローン)や宇宙用デバイスなどを開発する、ロボティックスの研究開発会社です。
ドローンに限らず、様々な分野のエンジニアを積極的に募集しています。
物作りが好きな人、人工知能や画像解析、webエンジニアなど多岐にわたり、第一線で開発したい仲間を求めています。

建築など一見ドローンと関係なさそうな分野でも、ロボットと組み合わせることで新しい未来が開けるかもしれません。
新しいことに挑戦したい、皆様のそんな気持ちが世界を変えると信じて、社員・大学生のインターンやバイトなど、
幅広い形で募集をしています。

 メールでコンタクト 


会社は3拠点、技術拠点は文京区のオープンテラスオフィス、経営企画室はスタジオオフィスになります。

 

START UP MEMBERS

kaneda
金田 賢哉(代表取締役)
2012年に東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程(原動機研究室)を卒業。同(知能工学研究室)博士課程に在籍。
READYFOR(クラウドファンディング)開発兼マーケティング、Pluto(家電の遠隔操作IoTサービス)代表取締役を経る。
konomura
此村 領(東京大学大学院所属)
東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻(知能工学研究室)博士課程に在籍。
2012年に東京大学工学部航空宇宙工学科、2014年に東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程を卒業。

 

About us

社名 本郷飛行機 株式会社    Hongo Aerospace, inc.
本社 東京都 文京区
設立 2015年12月
事業内容 ドローン
ロボット・ネットワーク向け人工知能
連絡先 contact@phenoxlab.com.


・Phenoxlabは本郷飛行機株式会社が運営するドローン研究グループです。
・本郷飛行機 株式会社は、Phenoxの開発・販売促進を主目的として設立され、前身会社より調達・販売を引き継ぎました。

※フェノクスプロジェクトは、独立行政法人情報処理推進機構の2013年度未踏プログラムに採択されました。